ハワイ

日本人が大好きなハワイ

日本人が大好きな国の一つとして、ハワイがあるでしょう。
海外旅行先としては、断トツのトップの地域であり、多くの日本人が余暇を過ごしています。

ハワイには、8つの大きな島と、100にも及ぶ小さな小島から成り立っており、有名なところはハワイ島、マウイ島、オアフ島、カウアイ島でしょう。
アメリカの1州ではありますが、島だけで成立しているのはハワイ州だけです。
熱帯性気候であり、年中過ごしやすい地域で冬と呼べるような季節は存在しません。

かつて存在したハワイ大国

ハワイといえば、独特な文化形成が重要です。
もともとはアメリカの領土ではなく、ハワイ王国が存在しました。
そのため、アメリカ領土ではありますが、独特の文化を持っています。

そんなハワイですが、18世紀を過ぎ、19世紀に入ると、各国がハワイの領土権をめぐり抗争を繰り返していくのです。
その中で、アメリカの領土化を恐れたハワイ国王は、訪日した際に明治天皇と会見し、移民協定を結ぶとともに、日本の一部として連邦制まで提案したといわれています。

ですが、日本としてもアメリカとの関係があり、成立することはなかったのです。
あまり知られてはいませんが、それだけ距離の近い国でもあったといえるでしょう。

1895年には、ハワイの女王であったリリウオカラニ女王が廃位され、アメリカに併合されていくのです。
それだけ、ハワイは地政学上重要な拠点なのであり、太平洋を支配しようと考えていたアメリカにはなくてはならない土地であったといえるでしょう。
これは今でも変わりません。

ハワイの時間

ハワイはアメリカの中でも、ハワイ標準時を使っています。
グリニッジ標準時からマイナス10時間で、夏時間の時には+1時間することになるのです。
日本との時差は、19時間で日付変更線も超えることには注意が必要でしょう。

日本からハワイに行く人が多いのは、観光や短期商用で90日以内であればビザが要らないというところが重要です。
電子渡航認証システムの認証が必要ですが、それだけ観光地化しており、商業にも特化しているところがうかがえます。

ホノルル群付加税

意外と知られていないことではありますが、ハワイには州税のほかにホノルル群付加税が加算される地域があります。
オアフ島のみですが、少し税率が高く、4.712%になることは覚えておくといいでしょう。
州税のほかにも、ホテルには9.25%の税金がかかります。

アメリカの州ですので、チップの習慣があることも忘れてはいけません。
レストランやタクシーでは15%が標準です。

ポーターやベルボーイには、1つの荷物や1回のサービスで$1程度が目安となります。
レストランの場合には、個別に渡すのではなく、加算されていることもありますので、確認しておくといいでしょう。

勘違いしてしまうのは、ハワイの電圧です。
プラグが2本式なため、日本の家電をつないでしまいがちです。

実はプラグは同じなのですが、100Vから120V/60Hzですので、短時間はつなぐことができます。
ですが、充電でもしようものなら故障する原因となってしまいますので、必ず電圧変換をしてつなぐことが大切なのです。