お金の持ち歩き方

海外でお金をどう持つか

海外旅行に出かけるとなると、かなり考えなければいけないのがお金の問題です。
手ぶらで旅行ができるわけではなく、お金があるから海外に旅行することができるということを実感できることもあるでしょう。

すられてしまったりすることも出てきます。
荷物ごと盗難に遭うこともあるでしょう。
飛行場で預けた荷物と一緒に帰ってこない、そんなことだってでてくるのです。

海外の国々は、日本ではありません。
お金の管理は安心で効率的な方法にしなければならないのは、日本の常識は非常識になっていくからなのです。

見かけなくなったトラベラーズチェック

以前は、海外で安全にお金を持って歩くとするのであれば、トラベラーズチェックが主流でした。
しかし、現在海外へ渡航する人が、トラベラーズチェックを所持しているのは、大変まれです。
ここにはデメリットがあるからなのですが、メリットと併せて考えていく必要があります。

トラベラーズチェックのメリットは、紛失や盗難時に再発行できるということでしょう。
番号は控えておかなければいけませんが、大金でも持って歩くことができるのです。

デメリットは、発行にも利用にも手数料がかかり、使える店舗は減少の一方で、大手ファイナンス会社が次々に撤退しているということでしょう。
使いにくくなってしまっているというのが、やはり衰退の陰にあるのです。
ですが、アメリカや東南アジアでは、まだまだ利用価値はあるでしょう。

現金は最強で間違いなし

必ず考えておかなければいけないのは、現金です。
持って歩くのは怖いということがありますが、何よりも使い道があることは間違いありません。
チップを渡したりするときにも現金になりますし、新興国では現金しか使えないことも珍しいことではないのです。

決済はシンプルで、手数料もかからない現金は、最強の決済方法ですが、セキュリティということを考えれば最も危険です。
誰が手にしても使うことができるのですから、ターゲットになってしまうでしょう。
カードなどに比べ、かさばるということもありますし、保険も効きません。

現地で現金を得るための方法はいろいろとありますが、最も便利なのはキャッシングを使ってしまう方法でしょう。
手数料の問題を考えても、かなりお得な場合が多くなっています。

キャッシュカードとデビッドカード

一般化したのは、キャッシュカードやデビッドカードでしょう。
国際キャッシュカードは、海外の銀行からでも現地通貨を引き出すことができるのですから、とても便利です。

デビッドカードは、預金額と連動しているため、現金を持ち歩かないためのカードだと思うといいでしょう。
即時決済ですし、預金高が上限となるため、スキミングなどの被害に関しても、リスクを下げることができます。
ただし、手数料が高いことも多く、不正利用に保険が適用できないことも多くなっているのです。

うまく使うべきキャッシング

海外でのクレジットカードも、利用の仕方を考えれば便利です。
現地通貨を作り出すこともできますし、マイルをためたりすることもできるでしょう。
キャッシングをうまく使うことがポイントとなりますが、スキミングにあったりすれば、上限限度額まで引き出される可能性があるのです。

もう一つ、日本人にとってキャッシングのイメージが悪いということもあるでしょう。
ですが、現在の金利を考えれば、非常に使いやすく便利な方法なのです。

いったい何が便利なのか

いったいどんな方法が海外では便利なのかといえば、うまく組み合わせる方法でしょう。
かさばるのではないかと思われるかもしれませんが、リスクを分散する効果を持っています。
国際キャッシュカードも便利ですが、使えないところもありますし、クレジットカードもVISAなら安心と思っていたら、Masterしか使えないことだってあるのです。

また、クレジットカードを持っていく場合には海外旅行損害保険の付帯サービスがついているものを持っておくと安心です。
オリコのクレジットカードなら、旅行保険付帯サービスもついていて且つポイント還元率も高いのが特徴的。
旅行好きのためのクレジットカード|オリコ

現金を持ち歩くのはチップなどの支払いが多いので、主に買い物をする際はクレジットカードで支払ってポイントを付与するのが一番いいですね。
海外旅行は何のトラブルがあるかわかりませんし、万が一に備えて準備しておくのも一つのマナーとして考えておきましょう。

何事も完璧ということはありません。
多くの情報を収集し、セキュリティにも配慮しつつ、分散させておくことが必要です。
カード類は使えなくなることも考えなければいけませんので、3枚程度に分散しておくといいでしょう。